メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

米シェール業界、現状維持と掘削拡大の間で揺れる心境

往来2  公開日時:2015-06-15

 

米シェール開発業界はその浅い歴史上で最悪の価格急落局面を何とか乗り切ったばかりだが、今はジレンマに直面している。つまり稼働リグを大幅に減らした現在の慎重な業務運営を続けるべきか、それとも市況がやや回復した機会に乗じて掘削拡大を開始するのか、というものだ。

ある意味でこうした悩みは最初の井戸を掘削して以来続いている。一部企業の幹部が市況がもう少し上向けばそうすると語るように、生産者が増産を始めると、足場がもろい国際原油価格を再び奈落の底に突き落としかねない。逆に生産量を維持すると、今度は昨年6月以来の価格急落で失った収入を取り戻すチャンスを逃してしまう。

一方で業界の構図も変わった。これまで何十年もこの世界を支配してきたのはごく一握りの巨大メジャーで、需給バランスが動くスピードは比較的遅く、予測可能性は高かった。

ところが今や100社前後の上場企業やその他多くの非上場企業が… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線