メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

京都の「怪紳士」滝西清吉の素顔 №1

編集部  公開日時:2015-06-02

 

裁判所が反社会的人物と“認定”

 漢字能力検定協会(漢検)の不正な資金流用で、懲役2年6ヵ月の実刑判決を受けた漢検元副理事長・大久保浩を終始一貫として擁護し続けている大山一行主宰の「公益法人に関する市民調査会」の追及している過程で登場した滝西清吉。この人物の取材を進めれば進めるほどベールに包まれた人物像が浮かび上がってくる。とにかく「怪人物」であることは間違いない。 (文中敬称略)


 政治家、経済人のみならず反社会的勢力にも人脈をもつ滝西清吉。不思議といえば不思議な人物である。

 大山一行の取材で滝西の事務所(中央区八重洲)を訪れたときのことだった。

 滝西は、
「私のことを反社会的人物だとか、事実とは全く違うことを勝手に書いている」
 と述べたものだった。

 だがその後の取材で、
「(滝西は)同和関連団体や暴力団ともパイプがある得体の知れない人… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線