メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

三洋電機元会長「銀行にだまされたほうが悪い」 往年の名経営者の面影なく

政界往来  公開日時:2015-06-01

 

 大手総合家電メーカーの一角を占めた三洋電機が4月で事実上、消滅した。直轄事業の売却を終え、全社員は親会社のパナソニックに転籍、法人格を残すだけとなった。この機に社長、会長として栄光と挫折を経験した井植敏氏(83)の自宅への夜回り取材を試みたところ、「関係ない」「忘れた」と繰り返し、往年の名経営者の面影はなかった。ただ、銀行については「だまされたとしても、だまされたほうが悪い」と語り、浅からぬ恩讐を浮き彫りにした。【松岡達郎】

 なにわのジャック・ウェルチ

 初めに井植敏氏について説明しておく。創業者の井植歳男氏の長男で、昭和31年に三洋に入社、テレビ事業本部長として米国のテレビ工場を買収するなど積極的な仕事が注目を集め、61年に社長に就任した人物だ。会長時代を含め20年にわたり三洋の経営トップとして君臨した。

 三洋の多角化戦略を主導し、家電に加えて金融などにも事業分野… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線