メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

ゴルフをしないビジネスマンが損すること

政界往来  公開日時:2015-06-15

 

「ぜいたくな遊び」と敬遠していたら…

ゴルフシーズンが始まり「今年からゴルフでも始めるか」「1回ぐらいゴルフやってみようかしら」と思っている方はいるだろうか。ゴルフは一般的には特殊なスポーツと思われている。そのゴルフを人に勧める立場から、メリットを挙げてみたい。

飛行機の離着陸の際に、空の上から地上を見ると、ゴルフ場が見えることは少なくない。山を、海岸を、河川敷を切り開いて、広大な土地を使っている。それぞれのゴルフ場に、多くて1日40組、160人ほどが利用する。平日ならたったの数十人で、かなり大きな土地を使っていることも多い。

ゴルフは税金のかかるスポーツ

また、ゴルフには利用税がまだ課されている。長い間、廃止が叫ばれているが、地方にとっては大きな財源で見送られ続けている。「ぜいたくな遊び」と、世間(税務署)には理解されているのだろう。もともとはスコットランドの砂丘… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線