メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

「架空投資」と「ネズミ講」の“併せ技”を使った巧妙な詐欺

編集部  公開日時:2015-05-20

 

金を集めた「Vi Holdings」を整理し新たに詐欺会社「クレタ」を設立

 振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺の被害が相変わらず続いている。そんななか“古典的”な「ネズミ講」と「架空投資」を組み合わせたような巧妙な手口の詐欺話が飛び込んできた。 (敬称略)


 その詐欺会社の名前は「Vi Holdings株式会社」(以下V社 東京都中央区)で、首謀者の高野真樹と松波利幸(V社代表取締役)、本村英樹、葉山公亮らの中核メンバーが仕組んだもの。

 知り合いがV社に騙されたというK氏が言う、
「資料を何度読んでも分らないのですが、ごく単純に言うと事業(当時、ネットの広告事業)を展開するための出資者を募るわけですが、その出資者Aが新たな出資者を勧誘すると、Aに金が入る仕組み。
 もちろん出資金の運用で利益を還元すると強調… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線