メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

【Q&A】シャープ異例の措置、再建の足掛かりになるか? 99%超減資で中小企業化

政界往来  公開日時:2015-05-16

 

 経営再建中のシャープが検討している99%以上の減資という異例の措置について、狙いや今後予想される動きをQ&A形式でまとめた。

 Q 減資とは何か

 A 企業が、事業活動の元手である資本金の額を減らすことだ。シャープの場合、資本金を取り崩して累積した損失の穴埋めに充てる。これまでの業績悪化で傷んだ財務基盤を整えるための応急処置だ。

 Q なぜ99%以上の減資なのか

 A 法人税法上の「中小企業」となって、各種の税負担を軽くする思惑があるようだ。破綻した企業を再生するときなどに100%の減資が行われることが多いが、この場合、既存の株式の価値はなくなり、紙くず同然になる。今回のシャープのような減資だと株式の価値は残る。

 Q 11日の東京株式市場で、株価が一時ストップ安まで売り込まれたのはなぜか

 A 資本が少なすぎると、大きな損失が発生したときなどに穴埋め… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線