メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

SIMロック解除で変わる携帯市場

政界往来  公開日時:2015-05-31

 

 家電量販店などで今回のゴールデンウイークの目玉商品となったのが、いわゆる「格安スマートフォン(スマホ)」です。総務省の行政指導により、5月から新たに販売する携帯端末については、携帯電話会社が「SIMロック」を外せるようにするためです。特定の携帯会社に拘束されず、消費者が自分で端末や携帯会社を選べるようになれば、通信料金の低廉化だけでなく、様々な新しい通信サービスの登場も期待できそうです。SIMロックの解除で携帯市場はどう変わるのでしょうか。

■MVNOのシェア拡大に期待感

「SIMロックの解除が広がれば、我々のような通信設備を持たない仮想移動体通信事業者(MVNO)のシェアが上がり、消費者の便益は大きく高まります」。携帯市場の構造変化にこう強い期待を寄せるのは、MVNOの草分け、日本通信の福田尚久副社長です。日本の携帯電話契約数に占めるMVNOのシェアはせいぜい2〜3%程度。… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線