メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「お金なんか要らない」ハズのさくら夫人、やしきたかじんの遺贈を返還要求はなぜ?

往来2  公開日時:2015-05-31

 

 昨年1月に他界したやしきたかじん。死後には、たかじんと彼の三度目の結婚相手であるさくら夫人の純愛の日々を綴った百田尚樹氏によるノンフィクション『殉愛』(幻冬舎)が発売され、大きな話題になった。同時に、さくら夫人の過去やたかじんの遺産の行方などが取り沙汰されるようにもなり、さくら夫人と百田氏は反論を重ねてきたが、彼らの“疑惑とウソを徹底解明”した『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)が今年2月に発売されている。こうした騒動の中で、さくら夫人へのバッシングは過熱し、それが原因で彼女が心身ともに衰弱しているとの話まであった。

 4月にはたかじんの長女がさくら夫人に対して、法定相続人が遺産を受領した人物に法的に定められた最低限の割合額を請求できる「遺留分減殺請求」を行使する際に見解相違が生じたとして、訴訟を起こしている。たかじんの遺産をめぐる争いの中で、さくら夫人にはすっかり「銭ゲバ」のイメ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線