メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

一体、この男何者なのか“ミステリアスマン”深見東州 【№2】

編集部  公開日時:2015-05-11

 

政界に張り巡らせた人脈――下村博文・文科大臣との“危ない”蜜月

 深見東州――まさにミステリアスな男だ。【№1】で述べた“多芸多才”ぶり。さらには驚くのは人脈だ。世界のリーダーとの親交。もちろん、その人脈は日本の政界にも及ぶ。たとえば、“落ち目”の小沢一郎だ。今では深見に“オンブにダッコ”の深見頼りだ。とにかく献金を“武器”にした深見の政界への浸食ぶりには目を見張る。そんななか、下村博文・現文科大臣への献金、親密さは、下村が宗教法人を管轄する“文部省”の族議員として知られるだけに“微妙”な問題がハラんでいる。                (文中敬称略)


 平成26年10月、英国元首相のトニー・ブレア、ハワード豪元首相、ラモス比元首相ら各国のVIP政治家が来日した。「第3回世界オピニオンリーダーズサミット」に出席するためだ。

 その日、登壇したのは総勢10名、日本から… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線