メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

行方が注目されるネット市場への“ヤラセ投稿”裁判

編集部  公開日時:2015-05-11

 

楽天がヤラセ依頼を請負ったとしてシステム開発会社を提訴

 利用者の投稿数が多い店舗が優先的に表示されるという楽天の「みんなのレビュー」。これに自作自演の“ヤラセ投稿”させたとして、楽天は請負ったシステム開発会社を提訴した。このヤラセ投稿に対する法律があいまいのなか、司法の判断が注目される。


 ネットへの“ヤラセ書き込み”が後を絶たない。楽天が運営する「楽天市場」で、11万件にも及ぶヤラセ投稿が発覚し、楽天出店からの“ヤラセ依頼”を請け負ったシステム開発会社「ディーシーエイト」(大阪)が、楽天から大阪地裁に提訴された。

「楽天市場で商品を検索する場合、一般的に好意的な店舗が、優先的に表示される『みんなのレビュー』をのぞきます。
 この機能を悪用した楽天市場の出店者が、デ社に好意的な『ヤラセ投稿』をさせていたのです」(週刊誌記者)

 楽天の調査によると、昨年1月以… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線