メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

日本マクドナルド:380億円赤字 131店閉鎖

政界往来  公開日時:2015-04-30

 

◇客離れ深刻 100人削減へ

 日本マクドナルドホールディングス(HD)は16日、2015年12月期の連結最終(当期)損益が380億円の赤字(前期は218億円の赤字)になる見通しだと発表した。昨夏の消費期限切れ鶏肉問題に加え、今年に入り異物混入が相次いで発覚し、客離れが進んでいるためで、赤字幅は大幅に拡大する。今年中に不採算の131店舗を閉鎖するほか、本社社員を中心に約100人の希望退職者を募集し、経営の立て直しを図りたい考えだ。

 「皆様の期待に応えていないことを重く受け止めている。信頼回復に向けさまざまな取り組みを行う」。サラ・カサノバ社長は同日記者会見し、信頼回復を誓った。

 フランチャイズを除く日本マクドナルドHD本体の売上高は前期比10%減の2000億円、営業損益は250億円の赤字(前期は67億円の赤字)を見込む。営業、最終赤字は2年連続で、01年の上場以来最大… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線