メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

統一地方選 まかり通る法令違反

政界往来  公開日時:2015-04-15

 

― 問われる政治の質 ―

 3日、道府県議会議員と政令指定都市の市議会議員選挙が告示された。福岡市内でも市議や県議の選挙カーが入り乱れ、早朝から夜8時まで声をからしての連呼。見慣れた風景とはいえ、うんざりである。この方々が、政治家としての使命を果たしているとは思えないからだ。
 政治家が公約を守り、議会人として誇れる活動を行っていれば、政治不信を招くことなどあるまい。しかし、各種選挙の投票率は下がる一方。有権者の多くが、「誰がやっても同じ」「何も変わらない」と感じている。
 投票率の低下に比例して、政治家の質も落ちた。街では、それを象徴するかのように公選法や条例を無視した選挙活動がまかり通っている。

変わらぬ選挙手法

 名前の連呼や街頭演説の絶叫。目の色を変えて票取りに走る候補者たち。選挙の度に同じ光景が繰り広げられる。訴えにしても、似たり寄ったり。変わらぬ政治を象徴… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線