メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

あまりにもズサンな大成建設の福島「除染工事現場」

編集部  公開日時:2015-04-12

 

下請け業者の除染廃棄物不法投棄が発覚

 福島県飯館村における除染作業工事を舞台にしたゼネコン大手・大成建設の重大なる人権侵害の実態を既報したが、新たに同社の下請け業者が除染廃棄物を不法投棄していた不祥事が発覚した。


 平成26年度の飯館村除染工事のその2は、大成建設が303億円で受注している(ほか3社とのJV)。

 このための作業員募集で、大成建設は応募者に写真のように<過去に反社会的勢力に属さず―>云々と記述された「確約書」にサイン捺印することを義務付けている。

 現在は更生していても、過去にそうした“経歴”を持つ人間を排除している形だが、
「この文書には問題があります。場合によっては重大なる人権侵害となる」(福島地方人権相談所=法務省の出先機関)
 と、人権侵害の疑いが強い。

 この問題の取材を続けている福島在住のジャーナリストS氏が言う。
「(… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線