メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

メイウェザーvsパッキャオ 250億円マッチの展望を専門家語る

往来2  公開日時:2015-04-16

 

 ボクシングファンが熱望し続けてきた“夢のカード”が、ついに実現しようとしている。フロイド・メイウェザー(38・米国)とマニー・パッキャオ(36・フィリピン)の2人がサインした対戦の合意書が公開された。

 圧倒的なスピードと超人的と評されるディフェンステクニックで、史上初めて無敗で5階級を制覇したメイウェザーの戦績は47戦47勝(26KO)。一方のパッキャオは史上2人目の6階級制覇王者で、戦績は64戦57勝(38KO)5敗2分。超一流と呼ばれたチャンピオンたちをことごとく撃破してきた左利きのハードパンチャーである。

 2人の対戦はこれまで何度も話題になっては消えてきた“幻のカード”。その裏にはリング上のパンチの応酬にも負けない水面下でのマネーの攻防がある。元ボクシングマガジン編集長の原功氏が話す。

「人気実力ともにトップのボクサー同士が全盛期に対戦するとなると、敗北による… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線