メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

市民有志133人が京都地検に提出した「告発状」の疑問?№1

編集部  公開日時:2015-03-31

 

大山氏の告発状に出てきた滝西清吉氏が語る“登場者たち”との関係

 滝西清吉氏が取材に応じてくれた。市民グループが京都地検に可児達志氏(漢検常任理事)と足立健司氏(同元役員)の両氏を「背任未遂容疑」で告発した“問題”の告発文の中で「反社会的人物」と指摘された人物だ。さて同氏は弊サイトが報じ続けている“その後”の「漢検事件」について何を語ったか――。


「まず最初に言いたいことは、ネット上や活字で私のことを反社会的な人物だとか、いろんなネガティブなことを書いていますが、私自身なんとも思っていない。事実と全く違うことを言っているから。

 S誌を読みましたが、よくあんなデタラメを書けるな、と思っているだけです。誰が書いたか分りませんし、またそれを調べる気もないので放っておいている。名誉棄損で訴える気もない」

 滝西清吉氏はいきなりこう切り出し、そして自身が反社会的な人物で… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線