メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

市民有志133人が京都地検に提出した「告発状」の疑問?№2

編集部  公開日時:2015-03-31

 

「大山一行、一体だれなんだ。まったく知らん」――と滝西清吉氏

 滝西氏は「公益法人に関する市民調査委員会」および主宰する大山一行氏について、会ったこともなく全く知らないと断言した。その滝西氏に対して大山氏らは告発状の中で、反社会的な人物と記述しているのである。


「大山一行?だれなの。全く知らない」

 滝西氏はこう言い放った。「公益法人に関する市民調査委員会」を主宰する大山一行氏について質したときのことだ。

 それで市民グループ(以下、大山氏とする)が可児達志氏を告発した告発状で、大山氏は大久保が足立氏を恐喝未遂で告訴した告訴状を引用して(大久保は足立氏から聞いた話としている)滝西氏は指定暴力団と交流のある反社会的人物と記述していることを伝えると、
「会ったこともないのだから、その件で接触したこともない」
 と話し、

「先ほど言ったように(№1参照)私の… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線