メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

創業以来18期連続の赤字を一気に黒字化した単純明快な目標

政界往来  公開日時:2015-03-31

 

 長崎県佐世保市にあるオランダの街並みを再現したテーマパーク・ハウステンボス。澤田秀雄氏がこのテーマパークの社長に就任して、今年で5年目となる。創業以来18期連続の赤字だった同社の再建に着手し、わずか1年で黒字化を成し遂げた。営業利益は四期連続二桁の伸びを見せ、いまや同社は、氏が会長を務める親会社・H.I.S.の利益の6割を稼ぎ出す存在となっている。
 
 これから澤田氏が目指すところはどこなのか。経営についてノンフィクションライターの稲泉連氏が迫る。

 * * *
 澤田氏がハウステンボスの再建を引き受けたのは2010年のことだ。創業以来赤字を垂れ流し続けてきたハウステンボスは2003年に破綻、野村グループの野村プリンシパル・ファイナンスが再建に乗り出したものの、7年後には再び経営危機に陥った。
 
 佐世保市にとってハウステンボスは、重要な雇用と観光のインフラである。閉… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線