メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

東洋ゴム免震ゴム偽装、交換・修理で済むのか!!

政界往来  公開日時:2015-04-02

 

 先日(3月13日)、免震建物に使用されている東洋ゴム工業製(子会社製造)の免震ゴムが、性能において偽装のあったことが発覚し大きな社会問題となっている。55棟の建物への使用が確認されており、メーカーには建物の所有者や住民からの問い合わせが殺到している状況だ。

 メーカーは、「1カ月以内に調査を終え安全性に疑念があれば交換や修理を行い、1年以内の作業完了を目指す」とコメントしているが、現実的に全体の対応は不可能な時期設定だと思われる。メーカーと国は落としどころを探して、何とかお茶を濁して乗り切るつもりではないか。

 ここで問題となるのは、仮に不良品であっても、「調査の結果、法的安全性を確認できれば、それで良いのか?」という問題である。ビルやマンション(区分所有者)のオーナーは、建物の構造耐力も含めた総合的な価値への対価を支払って購入しているのである。仮に、現在、法的かつ工学的に1… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線