メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

市民有志133人が京都地検に提出した「告発状」の疑問 №1

編集部  公開日時:2015-03-23

 

弊サイトの取材申し込みを“脅迫状とおぼしき質問状”とする「公益法人に関する市民調査委員会」の不思議な解釈

 大山一行氏が主宰する「公益法人に関する市民調査委員会」が、ブログで弊サイトが市民グループ133人に取材を申し込んだ文書を<「脅迫状」とおぼしき質問状>と公開した。さらに<――警察に対して被害届を提出する予定だ>と発信している――。


 京都の市民グループ有志が、京都地検に可児達志漢検常任理事と足立健司氏を「背任未遂容疑」で告発した問題。

 弊サイトではこの告発状に対する疑問を報じ、告発人である市民有志133人に文書で「取材のお願い」を申し入れた。

 この取材申込に対して「公益法人に関する市民調査委員会」(主宰・大山一行氏)がブログで、
<この市民グループ全員に対して(中略)「脅迫状」とおぼしき質問状が送付されている>

 として、
<――市民グループ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線