メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

実は窮地の米共和党、「政権奪還」は遠い夢

政界往来  公開日時:2015-03-18

 

党内保守派が軟化路線を拒否

 昨年11月の中間選挙で米国共和党が民主党を下し上院での主導権を握った直後、マコネル新党首は同胞たちに、「脅威であるな、ポジティブかつ実効的であれ」と呼びかけた。

 議会支持率は史上最低の10%台半ばまで落ち込んだ。上院で議席を確保し2016年に政権を奪還したければ、共和党は責任統治能力を示す必要がある。

 過去6年間のようにオバマ大統領の発議に反対し続けてもダメだと判断したのだ。2013年の悪名高い政府機関閉鎖には至らせない、と誓ったのだ。

 そして、オバマ大統領が拒否せざるをえない法案を提出することで、彼を悪役にしようとした。ところが、ティーパーティ関係者などの党内保守派が軟化路線を拒否したため、実行が困難になった。2010年に議席を大幅に増やしたティーパーティの候補者たちは、自党員たちと対立しても決して妥協しないという公約の下、戦っ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線