メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

「あなた、どうしたの?」武田邦彦 (中部大学)

往来2  公開日時:2015-03-17

 

福島原発事故ぐらい、日本の知識人が事件を機にその人の人格を暴露したようなことはなかっただろう。いや、同じようなことが戦争直後に起こったらしい。私はそのとき幼児だったので、実際にはよく分からなかったが、戦争中はあれほど「一億玉砕」と徹底抗戦を叫んで、多くの人を戦場に送った知識人の多くが、今度はパージを恐れて、コロッとアメリカ軍の方に寝返った。
漫画の脚色で有名な辻さんは、そのとき多感な中学生だったが、「普段、偉そうなことを言っている大人ほど信用できない」と感じたらしく、「大人は信じちゃいけない」という随筆を書いておられる。心の底からガッカリされたのだろう。

原発事故前後に、多くの人の態度や意見に遭遇した私は戦後の辻さんと同じ感想を持った。福島原発事故を境に変身した人たちの中で、その程度がもっとも大きかったのがマスコミ、第二に被曝の専門家、そして第三以下にテレビのコメンテーターや一般の… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線