メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

名門ゴルフ場「京葉カントリー倶楽部」株主が「株式交換は無効」とタキナミを提訴

編集部  公開日時:2015-03-11

 

「京葉カントリー倶楽部」と親会社(株)タキナミとの間の“疑惑”の株式交換問題

 前号で報じた京葉カントリー倶楽部の親会社「タキナミ」が、昨年11月28日に開催された臨時株主総会で株式交換計画を提案、承認された案件に対して、株主の代表がこれを無効とする訴状を東京地裁に提出した。


 タキナミ側が提示した株式交換の内容は、子会社の京葉カントリー倶楽部(以下、京葉CC)を完全子会社にするため、京葉CCの株1株につきタキナミの普通株0.053株を割当交付するという内容。これはタキナミ株の約18.9分の1で、1株価格はわずか2740円だ。

「平成26年の決算書では、京葉CCの株はタキナミより大きく上回っている。すなわち、タキナミの株主資本は1億9885万円(平成26年4月30日現在)で、1株当りの金額は49713円。

 これに対して、タキナミのそれは4億6781万円(平成2… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線