メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

クラブ運営、豪邸…中国人民解放軍、深刻な腐敗

政界往来  公開日時:2015-03-16

 

 習近平氏が2012年11月、中国共産党の総書記に就任して以来、推進してきた反腐敗運動。これまで聖域とされてきた人民解放軍にもメスを入れ、腐敗撲滅に力を入れている。背景には、防衛費拡大で装備こそ充実してきているが、戦える軍隊への変革が不可欠との危機感があるようだ。


 昨年10月、徐才厚(シューツァイホー)・元中央軍事委員会副主席の豪邸の地下で発見されたひすいや金、現金はあまりに多く、それらを運び出すのに少なくとも10台の大型トラックが必要だった、と中国メディアは伝えた。

 徐氏は軍制服組としては最高位まで上り詰め、先日引退したが、これは驚くべきニュースだった。

 徐氏は「極めて多額」の賄賂を受け取っていたとされ、そのために今裁判にかけられている。1949年に中国共産党が政権を握って以来、軍でこれほど高い地位にいた人物がこんな事態に陥るのは初めてのことである。

■… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線