メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

遼太君の悲劇、今度こそ繰り返すな

政界往来  公開日時:2015-03-17

 

なぜ大人は子どもの命を守れないのか

2月20日の午前6時すぎでした。多摩川の河川敷を散歩していた人によって、上村遼太君は発見されました。顔や首に刺し傷があり、全裸姿でした。後で解ったことですが、その直前に遼太君は、冬の深夜の多摩川を、全裸で泳がされていました。

この原稿を書いている今日は犯人逮捕4日目で、まだ犯人3人の供述が一致せず、事件の全容は判っていません。そんな時点ですが、遼太君を私たちが忘れないために、すべて記事やニュースの後追いですが、遼太君の短い13年の生を記憶に留め、せめて彼の最期から私たちが教訓にすべきことを、皆様と確認し共有したいと思います。

遼太君の人懐こさが、不良のカモになるまで

写真でみる遼太君のあどけない素顔や笑顔をみると、彼が周囲の人を気遣う優しい子供で、みんなの人気者であったという証言が、誇張でないことが伝わってきます。

しかし彼… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線