メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

NHK籾井会長が身を持って示したのは「人の三井」の伝統は風化

政界往来  公開日時:2015-03-01

 

幹部に辞表を出させるのが伝統だった事!

「社風」の代表的なものとして旧財閥系の「組織の三菱、人の三井、約束の住友」などと云われてきた。籾井勝人NHK会長は米国三井物産社長、本社副社長まで上り詰めた、三井のエリートであるが、彼を見ていると「人の三井」はほぼ廃れていることがよくわかる。

 企業の社風や伝統などは時代と共に廃れていくものかもしれないが、籾井氏がNHK会長になった事で、三井もとんだマイナスイメージを背負ってしまったもんだ。

企業のトップは、その会社の象徴であり「顔」である

 昨年、籾井氏がNHKの会長に就任した直後、理事全員に辞表提出を求め12人のうち10人がそれに応じて辞表を提出したことが総務委員会で明らかになっていた。

 昨年2月に国会でこの件を追及されて、籾井会長は「こういうことは、一般社会ではよくあることだ」と開き直っていた。

 これは一… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線