メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

『週刊報道サイト』佐藤昇氏「朝日新聞を正す会」を結成し…

編集部  公開日時:2015-02-22

 

“知る権利を侵害”と同社を提訴

 昨年、朝日新聞が検証した一連の吉田証言に基づく従軍慰安婦報道に対して、各界から批判が噴出した。「朝日新聞を糺す国民会議」はネジ曲げられた歴史を国際社会に拡散させ、“わが国が激しい非難を浴びる原因となった”として朝日新聞を提訴した。そんななか『週刊報道サイト』の佐藤昇氏も「朝日新聞を正す会」を結成、記者会見を開き、朝日新聞の従軍慰安婦虚偽報道に対して、訴訟を提起した。
 

 朝日新聞の“従軍慰安婦虚偽報道”に対し、去る1月26日「朝日新聞を糺す国民会議」が、朝日新聞社を提訴した。これは市民ら約8700人が原告(原告団長・渡部昇上智大名誉教授)となって、同社に1人当たり1万円の慰謝料と謝罪広告を求めたもの。

 また日本大学法学部の百地章教授(憲法学)も訴訟の準備を進めている、という。

 そんななか、ネットで『週刊報道サイト』を発信して… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線