メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

民主党に蓮舫議員に変わる“マドンナ”が浮上

編集部  公開日時:2015-02-22

 

細野政調会長は幹部で1人蚊帳の外でホサれる

 民主党の代表選で岡田克也氏に敗れた細野豪志政調会長。重要な会議からはずされ、冷や飯を食っている。そんななか、民主党に新星が登場しつつある、という。それは元検事の“マドンナ”――。
 

 民主党の代表に岡田克也氏が返り咲いた。党内の自主再建派の岡田氏が、野党再編派の細野豪志氏に接戦で制したわけだが、この代表選で立候補の意思を示した蓮舫議員。結局、推薦人が集まらず断念、民主党の“マドンナ”の評が後退した格好だ。

 そんななか、党内で“マドンナ”として急浮上しているのが、細野氏の推薦人に名を連ねた、元検事の山尾志桜里衆議(愛知7区)だという。

 かつて、霞が関で美人検事として名を馳せていた山尾氏が、政治家に転身したのが09年。最初の選挙で落選したが、昨年末の選挙で勝ち抜いた。

「霞が関では今も彼女のファンが多い。その実… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線