メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

米ファンドが「大江戸温泉」を買収 500億円で

政界往来  公開日時:2015-02-28

 

 米大手投資ファンドのベインキャピタルは12日、「お台場大江戸温泉物語」(東京・江東)など全国29カ所で温泉旅館や温浴施設を運営する大江戸温泉ホールディングスを買収することを決めた。*負債*を含む買収総額は約500億円。訪日外国人観光客が増え、温泉旅館への需要が拡大すると判断。出店増などで企業価値を高め、将来の株式上場を目指す。

 ベインキャピタルは3月中旬をメドに、大江戸温泉の橋本浩社長(キョウデン最高顧問)と一族から全株式を取得する。橋本氏は都内や大阪で日帰り温泉施設を運営するほか、2007年からは栃木県日光市の「鬼怒川観光ホテル」など有名温泉地で温泉旅館を買収。グループ企業を増やしてきた。ベインキャピタルに全株式を譲渡し大江戸温泉の経営からは退く。

 ベインキャピタルは世界で約750億ドル(約9兆円)を運用する米国の大手投資会社。日本ではファミリーレストラン大手のすかいら… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線