メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

「福島原発作業員は国民から冷遇されている」1F作業員で

政界往来  公開日時:2015-02-16

 

 僕は死体写真家である。ヒトの死体を求めて世界中の危険地帯を渡り歩き20年になる。仕事の性質上、必然的に紛争地域にも通うが、僕にとって現場とは何といってもストリートである。戦場よりも個性的で人間くさい死臭を嗅ぐことができると思うからだ。そんな僕だが現在、福島第一原発の作業員として原子力災害安定化事業に携わること1年半におよぶ。震災直後こそは御遺体とあまたの邂逅を得ることになったが、現在はほとんどない(クリスマスイヴに仕事帰りの国道6号線の車中からおがんだ交通事故に遭った女性の轢死体くらい)。実に、僕の目的は死体撮影ではなく、原子力災害の取材ですらない。未曾有の国難にあって非常事態における一国民として国防の義務を果たすべく一兵卒に志願したのだ。僕にとって1Fは紛れもない戦場という認識であり、これはまた国民全体で共有すべきものだと信じる。

■イスラム国拘束事件、発生当日1Fでは...
… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線