メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

仮想通貨「ビットコイン」を道具に“怪しい商売”

編集部  公開日時:2015-02-11

 

新たな“詐欺”なのか真っ当な事業なのか?!

 ネット空間を舞台とした仮想通貨「ビットコイン」。昨年、東京の大手取引所が経営破たんし話題となったが、いまビットコインを材料とした“怪しい商売”が横行している。


 中央銀行の後ろ盾もないのに世界中に駆け巡る“無国籍通貨”ビットコイン。東京渋谷にあった大手取引き所「マウント・ゴックス」が昨年、破たんしたのは記憶に新しい。

 同取引き所では日本人の取引きが少数だったので、被害者は多くはなかったが、破たんの背景について、
「利便性という価値を共通する人による経済手段として使っていればよかったのに、ビットコイン自体が投機ゲームの対象となった」

 と専門家は指摘した。

 だが世界的に見ると、ビットコインは今もかなり“流通”しているし、またこれに次ぐ第2、第3の仮想通貨が登場している。
 今、そのビットコインを巡る“怪し… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線