メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

受験シーズン 風邪、インフルエンザ防ぐカギは「家族うがい」

政界往来  公開日時:2015-02-15

 

 東京都では例年よりも早い昨年12月上旬からインフルエンザの流行が始まり、学級閉鎖や院内感染のニュースも聞かれ始めている。大事な仕事やイベントを控えた人、そして受験生のママはもちろん家族の健康を預かる女性にとっては気が気ではないはず。

 感染症対策の専門家である、国立国際医療研究センター 国際感染症センター・トラベルクリニック医長の金川修造さんは、「インフルエンザや風邪などの感染症対策は、ひとりだけがんばっても意味がありません。家族みんなで取り組むことが大切です」と話す。

 そもそも、なぜインフルエンザを人からうつされたり、うつしたりしてしまうのか。

「インフルエンザウイルスは、感染力が比較的強いのです。もし自分がウイルスをうつされた場合、症状が出る1日前から、発症して7日後までは人にうつしてしまう危険な状態だと考えてください」(金川さん)

 つまり、「風邪かな? … → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線