メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

ロシアの航空戦力評・・・

政界往来  公開日時:2015-02-01

 

「中国は数がスゴい」、「日本は装備の先進性と人員のレベルの高さがスゴい」

 中国の大手ポータルサイトの新浪網は14日、米国、ロシア、中国、日本の航空兵力を比較した文章を発表した。ロシアの専門サイトが紹介した文章の要約で、中国については、2000機以上の軍用機を保有していることに注目。多くは旧型機だが、最近では相当な速さで新型機の研究開発が進んでいると評した。日本は防衛任務を果すのに十分な各種新型機を保有しているだけでなく、パイロットのレベルが高く、外国の空軍軍人からも尊敬されていると論じた。

 米国については各種軍用機や関連装備を備えており、大量の兵員を世界各地に展開していると紹介。戦闘機開発でも世界をリードする立場と論じた。海軍と海軍陸戦隊(米海兵隊)の航空兵力についても「規模と実力において、(空軍から)独立して語るに値する」と指摘。海、空、さらに陸を含めた共同作戦の仕組みが… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線