メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

仏紙銃撃事件が警告する「都市ゲリラ」の新次元

政界往来  公開日時:2015-02-01

 

2001年に米国で同時多発攻撃が起きた後、同国の対テロ当局者にとって最大の懸念は、国際武装組織アルカイダとその支持者が、化学兵器もしくは核爆弾といった大量破壊兵器を手に入れることだった。

しかし、2008年にインドのムンバイで起きた同時多発攻撃や、今月7日にパリの風刺週刊紙本社で起きた事件などが示すように、自動小銃程度の武器で世界中に衝撃を与えることは可能だ。

わずかな資金で単独でも行うことが可能な都市ゲリラの時代、ジハーディスト(聖戦士)たちは新たな恐ろしい側面を持つ方法を見いだした。そこでは誰もが犠牲者になる可能性があるだけでなく、ゲリラ行為の垣根が低くなったことで、誰もが加害者にもなり得るかもしれないのだ。仏週刊紙「シャルリエブド」本社で12人を射殺した事件の容疑者兄弟は、社会にまぎれて殺りくを計画していた。

加えて、ムンバイとパリで起きたような事件は… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線