メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

ナッツ姫だけじゃない 警察沙汰だらけの韓国財閥一族の悪行

政界往来  公開日時:2015-01-16

 

 大韓航空前副社長のチョ・ヒョナ氏(40才)による“ナッツリターン騒動”が世間を賑わせているが、そもそも韓国ではヒョナ氏のような財閥一族の非常識行動が問題となっている。

 たとえば、韓国ドラマを見ると、劇中には必ずと言っていいほど財閥の人間が出てくる。身分違いを超えた男女のシンデレラストーリーが定番なのだが、財閥御曹司も令嬢も、えてして横柄でわがままだ。

「韓国では、財閥一族の悪行が社会問題化しており、国民感情として、そもそも彼らへの反感が根強いんです。だからこそ財閥の人間を悪役として登場させている部分があります。韓国ドラマは、現実世界の映し鏡というわけです」(韓国のテレビ関係者)

 実際、今回のナッツリターン事件以外にも、財閥一族の起こしたトンデモ事件はたくさんある。

 例えば、総資産30兆円、総従業員40万人という韓国最大の財閥である「サムスングループ」では、2… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線