メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「維新銀行 第三部 クーデター」〜第2章 クーデター当日(35)

往来2  公開日時:2015-03-31

 

<経営会議(34)>
 堀部は心の動揺を悟られないように静かな口調で、
「具体的にはどうなるのかね」
 と、検査部長の黒部に問いかけた。
 すると黒部は、
「今の段階では何とも言えないですね」
 と、堀部の顔色を窺うように言った。
 堀部が真剣な眼差しで、
「そうはいっても、代表取締役で、しかも人事権を有している谷野頭取の再任を、経営会議で認めるか認めないかを議論するなんていうことは、異例なことではないのかね」
 と話すと、黒部も、
「そうですよ。大変なことです。その点もあって話し合いが長引いているのではないでしょうか。もし経営会議で決着がつかなければ、取締役会で決めることになるかもしれないですね」
 と、押し殺すような声で答えた。

 黒部と話をしているうちに堀部は、
「なぜ黒部がこんなことを詳しく知っているのか」
 との思いが、大きく膨らんでいった。そこで、
「黒部部長はなぜそんなことを知っているのかね」
 と聞くと、黒部は言って良いのかどうか迷う素振りを見せたが、
「どうせ後からわかることだと思いますのでお話しします。ただこの話はここだけにしておいてくださいよ」
 と言って堀部の顔を見据え、
「実は谷野頭取の退任を求める動きがあり、それを私が知ったのはここ4、5日前なんです。と言うのも、沢谷専務が本店に来て、大沢監査役と長い時間2人だけで話し合っていたとか、大沢監査役が頻繁に頭取室に出入りするようになったとか、また九州本部長の石野専務がこっそり頭取室に訊ねて来たとかの話が伝わり、6階が急に慌ただしくなりました。それを見聞きした部長連中から一体何ごとかと囁かれるようになりました。そのうち、『どうも谷野頭取に対して辞任を求める動きがあるらしい』との噂が広まったのです」
 と言った。

 続けて黒部は、
「それとは別に、第五生… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線