メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「維新銀行 第三部 クーデター」〜第2章 クーデター当日(25)

往来2  公開日時:2015-02-28

 

<経営会議(24)>

谷野は、
「私はそれよりも、辞めさせるということは経営責任を取って辞めるということですが、経営責任を取って今辞めるほど、皆さんがおっしゃるように風通しが悪い、あるいは今後の新3カ年計画はもうできないというのが、私はどうも理解できないのです。あなた達が求める退任理由に対して、私が自ら納得して『ごもっともだ』ということにならない。ましてや連続していろいろ不祥事があって、一致団結してやらなければならない時に、敢えて『頭取交代』の波風を立てることになり、本当に残念です。特に本部の役員は毎日のように事故対策等の対応や、あるいは中国財務局、西部財務事務所等との交渉、あるいは情報を持ち込んだ連中との接触、そういういろいろなことに対して大変なエネルギーを使っています。そういうことがありながら、川中営業本部長は全くそういうことに対しての意見を述べたことがない。情報担当は木下取締役、リスクやコンプライアンスは小林取締役で、各部も相当労力を使ってやっている。監査部もそうです。しかしながら、そういうことを目の当たりにしながら、この情報漏洩問題を含めた不祥事について、今こそ全行挙げて信頼回復をやっていかなければいけない時に、こういう問題でギスギスするのは本当に残念です。

 私のやり方が非常に厳しいとか、あるいは叱られたとかいうことは沢山あったかもしれません。私の不徳の致すところで至らなかった点についてはお詫びします。

 しかし、一方で弁解させてもらえば、不祥事が続いている時、あるいは赤字決算のあと、どなたかも当初おっしゃったように、『緊張感が足らない、それから過去ジリ貧の業績を何とかしないといけない。このままだったら大変だ』と皆さんからの危機感やご意見があり、その立て直しのために私はやってきました。それを成し遂げていく上で、当然皆さんにとっては非常に厳しい対… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線