メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「維新銀行 第三部 クーデター」〜第2章 クーデター当日(20)

往来2  公開日時:2015-02-15

 

<経営会議(19)>
 大沢の話を受けて頭取の谷野は、
「先ほど貸出の話がいろいろありましたが、少なくとも6階の役員室のなかには営業の窓口として営業本部長がいます。一方審査担当役員がおり、これはリスク管理上も分けているのですが、今支店サイドの方がおっしゃっている貸出基準が厳しいというのであれば、それは営業本部の方にも当然上がってこなければいけません。与信管理のグリップが強すぎるのであれば、営業本部長は審査担当の役員と渡り合わなければいけません。しかし私は、役員室でそういう議論が行なわれたところを1回も見たことがありません」
 と、円卓テーブルの右手に座る営業本部長の川中常務の方に目をやりながら話した。名前こそ出なかったが営業本部長と名指しされた川中は、反論することもなくうつむいたままであった。

 続けて谷野は、
「そういうステップを踏まずに、皆さん方はどちらかというと谷野を排斥するためにいろいろな理由を付けていらっしゃる。これは第三者が見てもそうです。いかにして排斥するか、そのための『いわゆる為にする議論』です。いろいろな理由付けをしていますが、『先に結論ありき』になっています。だから話は進展しません。私が経営を私物化しているとか、独断専行であるとか、それから営業店では一体何をやったら良いかわからないと言われるけれども、そういう声がもし本当にあるならば、どこからか入って来なければなりません。先ほど沢谷専務が事前に言ったということだけれども、2週間くらい前に初めて来られて聞きました。そして2回目は先週の土曜日に聞いたということですよね。私も個性が強く怒鳴ることもありますし、誰かが言われたように本部の役員の人たちが1番怒られているかもしれませんが、銀行のためを思ってやったことです。

 もう一つどなたかがおっしゃった新しい3カ年計画のスタートだということ、それ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線