メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

石油業界、2強時代へ 出光が昭和シェル買収交渉

政界往来  公開日時:2015-01-15

 

さらなる再編も

 出光興産が昭和シェル石油の買収に乗り出し、国内石油業界はJX日鉱日石エネルギーとの2強時代に入る。少子化による国内需要減に加え、温暖化対策で脱石油の動きも進む。元売り大手5社の業績は伸び悩み、海外市場開拓や電力・ガスを含む総合エネルギー企業への転換など成長戦略を単独では描き切れなくなっている。元売りの集約は最終局面に入った。

 元売り大手は製油所閉鎖などで3月末までに総供給能力を2008年比約2割削減した。それでも設備過剰は解消せず、前期の石油製品事業は在庫評価益を除けば軒並み経常赤字に陥った。

 経済産業省内にはガソリンの安売り競争などで供給網が弱体化すれば災害時対応などに支障が出かねないとの懸念が浮上。7月末にエネルギー供給構造高度化法の大臣告示を改正、16年度末までにさらに1割の能力削減を石油業界に課した。

 出光のガソリンの国内販売量シェア… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線