メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

注目の和歌山県・紀の川市新清掃工場建設工事の管理事業は既に協和エクシオに決定?!

編集部  公開日時:2014-12-22

 

 その入札過程で不正があった疑いが強い「紀の海広域施設組合新清掃工場建設工事」(和歌山県紀の川市)。次なる注目は管理事業の入札だ。すでに入札書などの提出期限(12月19日)が過ぎたが、入札結果(27年1月下旬)を前に「協和エクシオの受注が決定している」との信ぴょう性が高い話が流れている。


 弊サイトが2回にわたり報じた和歌山県「紀の海広域施設組合新清掃工場建設工事」。昨年に行われた入札によって、設計施工は(株)協和エクシオ(東京都渋谷区 小園元典社長)が、58億3800万円で受注し、来年の10月末の完成予定を目指し、工事が急ピッチに進められている。
 この入札過程に不正が行われた疑いがあると指摘したわけだが、それを改めて述べると、
「最終的に協和エクシオ、川崎技研、エスエス環境テクノロジーの3社で入札が行われた。このなかで、1番不利と目されていた協和エクシオが落札した。その裏… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線