メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

スクープ!! 市民グループが文科相を東京地検に告発

公開日時:2014-12-11

 

スクープ!! 市民グループが文科相を東京地検に告発

またまた、安倍政権(下村博文文科相)のカネ問題

 自民党の下村博文氏が文部科学相を務めた第二次安倍政権時代、補助金を交付した2つの学校法人から寄付を受けていた事が判明。11月28日、市民グループ『教育界の浄化を目指す市民の会』が東京地検に告発状を送付した。


 同市民グループによれば、下村氏が政治資金規制法の「寄付の質的制限」に抵触しているのにも関わらず寄付を受けたというもの。これは補助金交付後の1年は原則、寄付を受けてはならないという法だ。

 問題になっている2つの学校法人とは東京国際大学と朝日学園。どちらも12年11月から12月の間に合計で1700万円弱の補助金が下りている。

「補助金の名目は東京国際大が図書館の研究設備を整備するために330万円。岡山で小学校などを運営する朝日学園は校舎の空調整備に1300万円交付したのです」(関係者)

 下村氏は12年12月…つまり交付と同時期、文科相に就任。すると13年3月に東京国際大と朝日学園から6万円と4万8000円を自身が代表である『自民党東京都第11区選挙区支部』に寄付させたのだ。

 さらに下村氏は関連団体『博友会』の事務所を無償で提供を受けている事も浮上。こちらは学習塾の運営会社が肩代わりしている様だが、こちらも政治資金規正法違反。会社等の団体からの政党、政治資金団体以外への寄付は禁止されており、今回はそれに抵触するという。

 東京地検に告発した市民グループ『教育界の浄化を目指す市民の会』の久保事務局長は次の様に憤る。
「下村氏が文部科学大臣としての立場を利用して、許認可をもらうなど立場の弱い学校や教育関係者からおカネを集めていたという事実が明白になった。教育行政の長が、この様な人物であるならば、日本の公教育に暗雲が垂れ込む。日本の教育界を浄化させる意味で下村氏を徹底的に追及したい」

 選挙は圧勝でも安穏とはしていられない状況である事は間違いない――。

 

関連画像

スクープ!! 市民グループが文科相を東京地検に告発  スクープ!! 市民グループが文科相を東京地検に告発  スクープ!! 市民グループが文科相を東京地検に告発 

 

 

 

会員登録をすると、全記事の全文をお読みいただけます → 会員登録

 

会員の方は、こちらからログインできます → 会員ログイン

 

区切り線