メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

家族がインフルエンザにかかったら!?看護の注意点

往来2  公開日時:2014-12-17

 

家庭内での感染を防ごう!

インフルエンザにかかってしまった人が家庭内にいたら、早く治すためにも、また職場や学校などで感染を広げないためにも、自宅で療養する必要がある。気をつけなくてはいけないのは、療養している間に家の中で家族が感染してしまうこと。栄養のある食事を用意し、十分に休養をとらせる以外にも、看護をするうえで気をつけるべきポイントがある。

インフルエンザの看護で気をつけること

インフルエンザにかかってしまった人が家庭内にいたら、次のようなことに気をつけて看護をしたい。

●生活する部屋を分ける
インフルエンザにかかった人は、家族とは別の部屋で過ごす必要がある。気の毒に思えるかもしれないが、家庭内で感染者を増やさないためにも必ず守るようにしたい。また、風呂場で使うタオルなども共用しないようにする。

●看護は決められた一人だけがする
インフルエンザにかかっ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線