メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

「紀の海広域施設組合新清掃工場建設工事」の入札を巡り疑惑が浮上 №2

編集部  公開日時:2014-12-02

 

はたして管理業務事業は「協和エクシオ」の手に落ちるのか?!

 前号で報じた「紀の海広域施設組合新清掃工場建設工事」の不正入札の疑い。弊サイトに地元の業者からの情報が飛び込んできた。それは本文を読んでもらうとして、今後の注目すべきは同清掃工場を巡る管理業務の入札の1点だ。


「御紙が指摘したように、あの事業の裏では確実に不正があった。さらに取材を続けて、真相を暴露してください」
“あの事業”とは、弊サイトの前号で報じた和歌山県「紀の海広域施設組合新清掃工場建設工事」のことだ。同工事の発注者は「紀の海広域施設組合」で、こんな情報を寄せたのは、紀の川市内の土建業者(匿名)と名乗る人物だ。
 この入札を巡っては、落札した協和エクシオ(東京・渋谷区)が、A社(紀の川市)のS社長を通して(管理者、組合に)最低価格を設定するよう働きかけた疑いが濃厚だ、と述べた。
 つまり不正入札だが… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線