メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

松山や石川選手だけでは、ツアーはもたない

往来2  公開日時:2014-12-03

 

日本の男子トーナメント人気復活への道

 激戦の末、日本オープンに初優勝した池田勇太が、面白い表現をしていた。

 「プロの技量を試せる、心くすぐる部分というか、そういうセッティングにしてくれたので、俺的にはこれが正しいセッティングだと思うし、今回それで、よしってやる気になったと思う」

 ここ1、2年、日本オープンのコースセッティングは大きく様変わりした。それまでは、フェアウェーは限りなく狭く、ラフは限りなく深い。

 それは、ともすると技封じ。正直な話、技量を駆使するのではなく、飛ばなくても堅実にフェアウェーに置くゴルフが有利だった。それは見ていても面白くない。選手もつまらない。なぜなら技量を発揮するのではなく、むしろ淡々とフェアウェーに落とし、ラフに入ったらウエッジでフェアウェーに出す。果敢にグリーンを狙わない。つまり消極的なゴルフが有利だった。

 全米オープン… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線