メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

最多勝、新人王…かつて輝いた男たちのトライアウト

往来2  公開日時:2014-11-17

 

 輝きをもう一度――。プロ野球で戦力外通告を受けた選手が再起をかける「12球団合同トライアウト」が9日、静岡・草薙球場で行われ、投手34人と野手25人の計59人が参加した。20代前半の若手選手の中に混じって、かつての最多勝や新人王、巨人の開幕投手を務めた選手の姿も。実績のある彼らがプライドをかなぐり捨てて挑んだ“敗者復活戦”の様子を追った。

■セ・リーグ、01年最多勝の藤井

 生き残りへ、懸命のアピールをしようとする選手たちの気持ちが天に通じたのだろうか。朝からの雨で、一時は室内練習場で行うことが発表されたが、次第に天候が回復。当初予定より30分遅れで、本球場でトライアウトは実施された。

 「これがプロとして最後になるかもしれないのに、室内だとちょっと寂しかったが、外でやれることになってよかった」

 本番前のウオーミングアップで、リラックスした表情で語ったのが藤井秀… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線