メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

麻薬市場の「皇帝」 前市長夫妻を拘束 メキシコ 

政界往来  公開日時:2014-11-15

 

学生襲撃指示の疑い

 今年9月下旬、メキシコ南西部のゲレロ州イグアラ市で大学生6人が殺害され、43人が行方不明になっている事件で、連邦警察は4日、逃亡していたイグアラ市の前市長とその妻の身柄を拘束した。検察によると前市長は麻薬組織に200万〜300万ペソ(約1700万〜2500万円)を定期的に支払い、一部が地元警察に賄賂(わいろ)として流れていたといい、前市長がデモを計画していた学生たちの襲撃を地元警察に指示した疑いがもたれている。地方自治体の首長と麻薬組織の根深い癒着が改めて浮き彫りになったことで、麻薬組織絡みの凶悪犯罪の撲滅を宣言し、2012年に就任したメキシコのエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領(48)も苦境に立っている。

辞職して逃亡

 11月4日付のAP通信やフランス通信(AFP)、英紙デーリー・テレグラフ(電子版)などによると、拘束されたのは、前市長のホセ・ルイ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線