メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

福井県議会議長のマル暴絡みの金銭トラブル

編集部  公開日時:2014-10-23

 

現役暴力団組長が元暴力団幹部に貸した金の保証人に

 都道府県議会の議員の不祥事が相次いでいるなか、福井県議会議長が、元暴力団幹部の借金の保証人となり、金銭トラブルに巻き込められる。
 この議長、県議時代には暴力団追放の旗振り役だったというのだから驚く。いずれにしても保証人になったのだから、借り主が返金しなければ、代わって返済しなければならない。だが議長はそれに応じないため、貸し主がこの問題を暴露したのだが、実は貸し主は現役の暴力団組長だ。


 福井県議会議長の田村康夫氏は、当選3回で総務教育常任委員長、厚生常任委員長など歴任、昨年6月には副議長となり、今年6月には議長に就任した。
「年齢も50代半ば(54歳)で、議長に上りつめたのだから、スピード出世」(地元関係者)
 こんな順調な議員の道を歩んでいる田村氏に、反社会団体の人物絡みの金銭トラブルに巻き込まれているという。… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線