メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

三菱重会長「国産機の夢が現実に」、MRJを初公開

政界往来  公開日時:2014-10-31

 

三菱重工業と傘下の三菱航空機(名古屋市)は18日、開発と製造を手がけるジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の飛行試験用機体を完成させ、初めて公開した。

プロペラ機「YS―11」以来、約50年ぶりの国産機で、来年4―6月には試験飛行を実施する予定。開発費は1800億円。

これまで再三にわたり開発計画が延期されたが、ようやく機体開発に一定のめどが立ち、節目とされる完成機の披露(ロールアウト)式典にこぎつけた。飛行試験も当初の予定から約4年遅れとなる。

式典は、機体の最終組み立て工場である三菱重の小牧南工場(愛知県豊山町)で開かれた。2017年にMRJを初納入するANAホールディングスの伊東信一郎社長などの顧客企業や官民の関係者ら約500人が出席した。

三菱重の大宮英明会長は式典で、「世界中にメード・イン・ジャパンの製品があふれている時代となったが、メード… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線