メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

アジア欧州会議「国境紛争、国際法で解決」 議長声明案判明

政界往来  公開日時:2014-10-17

 

 アジアと欧州の主要国などで構成するアジア欧州会議(ASEM)は16日から、イタリアのミラノで首脳会議を開く。14日に判明した議長声明案では、南・東シナ海やウクライナ問題を念頭に「国連憲章や国際法に沿った平和的手段での紛争解決が重要」との認識を示す。経済面ではアジアと欧州の経済融合に向け、貿易・投資促進での合意をめざす。

 今回のASEM首脳会議は17日まで開かれ、欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領が議長を務める。日本からは安倍晋三首相が出席し、ロシアのプーチン大統領や中国の李克強首相、韓国の朴槿恵大統領らが参加する。全体会合のほか、個別の首脳級外交の場にもなる。

 EU高官によると、今回の首脳会議では中国とベトナム、フィリピンの間で紛争になっている南・東シナ海の問題を取り上げる。議長声明案では「海洋の安全、運航や上空通過の自由、スムーズな交易を促進する」との表現を盛り込み… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線