メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

急ピッチになった“疑惑”の坂本龍馬像建立計画

編集部  公開日時:2014-10-13

 

「愛宕山幕末・維新(龍馬)歴史公園」と銘打ち募集を展開

 既報した坂本龍馬像の建立計画。極めて“怪しい”事業なのだが、すでにこの段階で金集めに走っているというから“被害者”が、出てくる可能性も否定できない。


 この坂本龍馬像の建立を計画しているのは、一般社団法人「日本龍馬会」(田中英雄理事長)。
 計画によると、神奈川県横須賀市の愛宕山の約6100坪の敷地に、高さ70メートルの龍馬像を建立するというもので、このほか幕末・維新の志士群像および歴史的記念館も建設する、としている。
 そして、この龍馬像の台座部分にプレートを並べ、これを1口1万で売り出す予定だ。
 しかし、これは既報した通り極めて“あやふや”な計画で、さらに踏み込んで言えば、詐欺の可能性が高い事業だ。
 というのも、同財団の田中理事長は龍馬像建立に関する全ての権利を持っていると主張しているが、
「そもそ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線