メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

「天下一品」ラーメンで有名な天一食品商事代表が広告代理店経営者を強迫

編集部  公開日時:2014-10-02

 

 木村勉氏が京都の銀閣寺周辺で屋台で開業したラーメン店「天下一品」(運営会社は天一食品商事=大津市)。いまや日本全国に店舗を展開する大手中華そばチェーンとして知られる。その天下一品の創業者・木村氏が強迫行為を働いたというのだから、驚くと同時にスキャンダラスな話だ。


 弊サイトでは、かつて「天一食品商事」の不祥事を取り上げたことがある。

 それは、滋賀県大津市にある同社の本社工場が、下水道を不正に使用し約5700万円の支払いを免れていたとして、大津市から約4億7000万円の巨額な支払いを命じられた、というものだ。

 その後、同社では一括で支払ったのだが、その資金力の潤沢さを知らしめた。

 また、これは木村氏が“被害者”になった話だが、
「木村氏が公明党の元代議士に5000万円詐取された。その内容は知り合いの元代議士からLED(発光ダイオード)の日本国内での総代理… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線